シーズン・メンバーについて

紀尾井ホール室内管弦楽団(旧称:紀尾井シンフォニエッタ東京)では、首席指揮者のライナー・ホーネックのもと、室内オーケストラで研鑽を積みたい若手演奏家を育成するため2018年度のシーズンメンバーを募集します。※期間終了後楽団メンバーに登用する可能性あり

2018年度シーズン・メンバー

2018年度シーズン・メンバーが決定しました。

髙橋奈緒

髙橋奈緒

Nao Takahashi(ヴァイオリン)

東京藝術大学、同大学院修了。同声会賞を受賞。全日本学生音楽コンクール他上位入賞。名古屋フィル、藝大フィルと共演。これまでに森下陽子、清水髙師、E. ペレーニ、若松夏美の各氏に師事。オリジナル楽器奏者としても活動し、バッハ・コレギウム・ジャパン、オーケストラ・リベラ・クラシカ、はいどん楽遊会などに参加。

募集要項

2018年度の募集は締め切りました。たくさんのご応募ありがとうございました。

募集パート

ヴァイオリン、ヴィオラ 若干名

応募資格

下記の期間に行われる定期演奏会(1回2公演)とその他の公演に原則すべて参加できる方(※応相談)。年齢制限はありません。
 ◆2018年4月23日~28日(指揮:パオロ・カリニャーニ、メゾソプラノ:リリー・ヨルシュター)
 ◆2018年6月11日~16日(指揮:ライナー・ホーネック、ピアノ:アレクセイ・ヴォロディン)
 ◆2018年9月17日~22日(指揮:ライナー・ホーネック、ヴィオラ:今井信子)
 ◆2018年11月19日~24日(指揮・指揮:マリオ・ブルネロ)
 ◆2019年2月4日~9日(指揮:ライナー・ホーネック)

審査について

審査方法
[一次審査]書類・動画審査
[二次審査]実技審査(一次審査通過者のみ)※両日ともに午後実施予定
◆【ヴァイオリン】2017年11月23日(木)
◆【ヴィオラ】2017年11月21日(火)<br/ >
※ピアニストは各自でご手配ください。
※一次審査の結果は二次審査日の約一週間前までにお知らせする予定です。

課題曲

【ヴァイオリン】

[一次審査]モーツァルト:ヴァイオリン協奏曲第3~5番のうちの1曲 第1楽章カデンツァ無し
[二次審査]一次審査の協奏曲およびオーケストラ・スタディ(一次審査通過者のみに楽譜送付)

【ヴィオラ】

[一次審査]シュターミッツ:ヴィオラ協奏曲二長調Op.1第1楽章カデンツァ付 または
      ホフマイスター:ヴィオラ協奏曲二長調より第1楽章カデンツァ付(カデンツァは自由)
[二次審査]一次審査の協奏曲およびオーケストラ・スタディ(一次審査通過者のみに楽譜送付)

活動支援費

一定額を支給(実技審査、定期演奏会に関わる交通費は自己負担)

応募方法

応募要項
1.YouTubeに一次審査課題曲の演奏動画をアップロードしてください。
2.所定のエントリーシートに必要事項と1.のYouTubeURLを記入し、各応募専用メールアドレスへ送信してください。
エントリーシートエントリーシートをダウンロード

応募アドレス

※件名に必ず応募者の「氏名」を入力してください。

応募締切:2017年10月15日(日)必着

お問合せ

紀尾井ホール室内管弦楽団 シーズン・メンバー係

tel:03-5276-4500 fax:03-5276-4527

2017年度 シーズン・メンバー

鶴野紘之

鶴野紘之

Hiroyuki Tsuruno(ヴァイオリン)

東京藝術大学音楽学部附属音楽高等学校、同大学音楽学部を経て同大学院修士課程修了。玉井菜採、ジェラール・プーレ、イゴール・ペトルシェフスキの下で研鑽を積む。高関健指揮 藝大フィルハーモニア、ガブリエル・ヘイネ指揮 NLMF Orchestra等のオーケストラとコンチェルトを共演。

福田俊一郎

福田俊一郎

Shunichiro Fukuda(ヴァイオリン)

第11回東京音楽コンクール弦楽部門 第3位。第85回日本音楽コンクール入選。2016年度青山財団奨学生。小澤国際室内楽アカデミー、プロジェクトQ、ヴィオラスペースなどにて室内楽の研鑽を積む。現在、小栗まち絵、大谷康子の各氏に師事。東京音楽大学大学院1年在学中(特別特待奨学生)。

橋本恵美

橋本恵美

Emi Hashimoto(ヴィオラ)

イタリア・クレモナ出身。東京芸術大学卒業。飛騨高山国際音楽祭、京都フランス音楽アカデミー、リゾナーレ音楽祭等に参加。第11回日本演奏家コンクール特別賞受賞。これまでにヴァイオリンをアントニオ・デロレンツィ、鷲見康郎、漆原啓子、ヴィオラを大野かおる、市坪俊彦の各氏に師事。