近松門左衛門作 
鶴澤燕三作曲・復曲
娥歌かるた 素浄瑠璃公演

2020年2月26日(水) 開演:14時

  • 主催公演
  • 邦楽
  • 紀尾井小ホール

主催:日本製鉄文化財団

時は平家全盛の頃。武家の法を司る男たち、王朝の美学に生きる女たちが織りなす近松の人間世界を、鶴澤燕三が色鮮やかに甦らせます。
近松が江島生島事件に当て込んで書いた本作品は、横笛・滝口、かるも・義次の二組の恋人を登場させることで、この事件が江島一人の問題ではなく、大奥における集団の事件であるという近松の現実世界への眼差しを映しだしています。
「娥(かおよ)」とは「見目良き」という意味で、三段目で美少女たちが「歌かるた(百人一首)」をしている美しい場面は、作品の題名になりました。
今回はその三段目を鶴澤燕三師により前半「重盛館大広間の段」を作曲いただき、後半の「中宮御所歌かるたの段」は鶴澤友造師が写していた鶴澤友次郎師の朱(しゅ)(三味線の譜)を元にして復曲いただきました。両段合わせての妙をお楽しみください。
出演者
豊竹呂勢太夫、豊竹睦太夫(浄瑠璃)、鶴澤燕三、竹澤宗助(三味線)、渡辺保(解説)
曲目
  • 江島生島事件と娥歌かるた
    渡辺保
  • 娥歌かるた 重盛館大広間の段
    浄瑠璃 豊竹睦太夫
    三味線 竹澤宗助
  • 娥歌かるた 中宮御所歌かるたの段
    浄瑠璃 豊竹呂勢太夫
    三味線 鶴澤燕三
チケット料金(税込)
全席指定 4,000円
U29   2,000円*

*U29は公演当日に29歳以下の方ならどなたでもご利用いただけるチケットです。詳しくはチラシをご覧ください。
※友の会割引は一会員様4枚までとなります。ただし、優先期間中は2枚までの販売となります。
※優先販売で予定枚数に達した場合、一般発売はございません。
 

※掲載の料金のほか、発券時に所定の手数料がかかります。手数料はお支払方法により異なります。

※出演者・曲目・演奏順は予告なく変更となる場合があります。予めご了承ください。

※小学生のご鑑賞には保護者(成人)のご同伴をお願いします。

※乳幼児等未就学の方のご同伴・ご入場はご遠慮ください。

※演奏中のご入場はご遠慮いただいております。

チケット発売日
2019年11月14日(木)
友の会優先チケット発売日
2019年11月12日(火)
チケットお取扱い
紀尾井ホールチケットセンター 03-3237-0061
(10時~18時/日・祝休)
webチケットお取扱い
紀尾井ホールウェブチケット
お問合せ

紀尾井ホールチケットセンター 03-3237-0061
(10時〜18時/日・祝休)

出演者プロフィール
  • 豊竹呂勢太夫(浄瑠璃)

    豊竹呂勢太夫(浄瑠璃)

    昭和四十年東京都生まれ。同五十四年四世鶴澤重造に師事。同五十七年国立劇場文楽第八期研修生に編入。同五十九年五世竹本南部太夫に入門、竹本南寿太夫と名乗る。同年国立文楽劇場にて初舞台。同六十年五世豊竹呂太夫の門下となる。同六十三年豊竹呂勢太夫と改名。平成十二年八世豊竹嶋太夫の門下となる。同十二年咲くやこの花賞、同十五年大阪舞台芸術賞奨励賞、因協会奨励賞、文楽協会賞、国立劇場文楽賞(文楽奨励賞・文楽優秀賞)ほか、受賞多数。

  • 鶴澤燕三(三味線)

    鶴澤燕三(三味線)

    昭和三十四年生まれ。同五十二年国立劇場文楽第四期研修生となる。同五十四年五代鶴澤燕三に入門、鶴澤燕二郎と名乗る。同年初舞台。同六十年度国立劇場文楽賞文楽奨励賞、平成十年大阪舞台芸術賞奨励賞、同十二年因協会賞受賞。同十八年六代目鶴澤燕三襲名。同二十四年度日本芸術院賞など多数受賞。

  • 豊竹睦太夫(浄瑠璃)

    豊竹睦太夫(浄瑠璃)

    平成八年国立劇場文楽第十七期研修生となる。同十年豊竹嶋太夫に入門、豊竹睦太夫と名乗る。同年初舞台。同二十年文楽協会賞、国立劇場文楽賞文楽奨励賞、大阪文化祭賞奨励賞、同二十四年国立劇場文楽賞文楽奨励賞受賞。

  • 竹澤宗助(三味線)

    竹澤宗助(三味線)

    昭和三十五年東京都生まれ。昭和五十三年国立劇場文楽第五期研修生となる。同五十五年竹澤団六に入門、竹澤団治と名のる。同五十五年朝日座にて初舞台。平成七年竹澤宗助と改名。文楽協会賞、因協会奨励賞、国立劇場文楽賞文楽奨励賞、同二十年国立劇場文楽賞文楽優秀賞受賞。

  • 渡辺保(お話)

    渡辺保(お話)

    昭和十一年東京都生まれ。演劇評論家。慶応義塾大学経済学部卒業後、東宝入社。同四十年『歌舞伎に女優を』で評論デビュー。企画室長を経て退社。多数大学にて教鞭をとる。平成十二年十一月紫綬褒章、同二十一年十一月旭日小綬章、同二十八年度日本芸術院賞・恩賜賞受章。『女形の運命』で芸術選奨新人賞、『俳優の運命』で河竹賞、『忠臣蔵 もう一つの歴史感覚』で平林たい子賞と河竹賞、『四代目市川団十郎』で芸術選奨文部大臣賞、『娘道成寺』で読売文学賞ほか受賞多数。その他、著書多数。紀尾井ホール邦楽専門委員。