近松門左衛門作 
鳥越文藏発意・監修 
鶴澤燕三作曲
出世景清 素浄瑠璃公演

2019年5月29日(水) 開演:14時

  • 主催公演
  • 邦楽
  • 紀尾井小ホール

主催:新日鉄住金文化財団

協賛:公益財団法人 長門市文化振興財団
協力:早稲田大学坪内博士記念演劇博物館

近松の代表作、大坂初演から334年。
悠久の時を超え、昨年7月山口県のルネッサながとで人形浄瑠璃・文楽としてよみがえりました。
紀尾井ホールでは素浄瑠璃でたっぷりお楽しみいただきます。
出演者
竹本三輪太夫、豊竹呂勢太夫(浄瑠璃)、鶴澤燕三、竹澤宗助(三味線)、葛西聖司、渡辺保(解説)
曲目
  • 解説
    葛西聖司
    渡辺保
  • 出世景清
  • 阿古屋住家の段
    浄瑠璃 豊竹呂勢太夫
    三味線 竹澤宗助
  • 観世音身替りの段より清水寺の段
    浄瑠璃 竹本三輪太夫
    三味線 鶴澤燕三
チケット料金(税込)
全席指定 4,000円
U29   2,000円*
*U29は公演当日に29歳以下の方ならどなたでもご利用いただけるチケットです。詳しくはチラシをご覧ください。
 

※掲載の料金のほか、発券時に所定の手数料がかかります。手数料はお支払方法により異なります。

※出演者・曲目・演奏順は予告なく変更となる場合があります。予めご了承ください。

※小学生のご鑑賞には保護者(成人)のご同伴をお願いします。

※乳幼児等未就学の方のご同伴・ご入場はご遠慮ください。

※演奏中のご入場はご遠慮いただいております。

チケット発売日
2019年3月7日(木)
友の会優先チケット発売日
2019年3月5日(火)
チケットお取扱い
紀尾井ホールチケットセンター 03-3237-0061
(10時~18時/日・祝休)
紀尾井ホールウェブチケット
お問合せ

紀尾井ホールチケットセンター 03-3237-0061
(10時〜18時/日・祝休)

出演者プロフィール
  • 竹本三輪太夫(浄瑠璃)

    竹本三輪太夫(浄瑠璃)

    昭和四十六年竹本越路大夫に入門。同四十七年竹本三輪大夫と名のり、 国立劇場で初舞台。第二十一回(平成四年)文楽協会賞受賞。

  • 鶴澤燕三(三味線)

    鶴澤燕三(三味線)

    昭和三十四年生まれ。同五十二年国立劇場文楽第四期研修生となる。同五十四年五代鶴澤燕三に入門、鶴澤燕二郎と名乗る。同年初舞台。同六十年度国立劇場文楽賞文楽奨励賞、平成十年大阪舞台芸術賞奨励賞、同十二年因協会賞受賞。同十八年六代目鶴澤燕三襲名。同二十四年度日本芸術院賞など多数受賞。

  • 豊竹呂勢太夫(浄瑠璃)

    豊竹呂勢太夫(浄瑠璃)

    昭和四十年東京都生まれ。同五十四年四世鶴澤重造に師事。同五十七年国立劇場文楽第八期研修生に編入。同五十九年五世竹本南部太夫に入門、竹本南寿太夫と名乗る。同年国立文楽劇場にて初舞台。同六十年五世豊竹呂太夫の門下となる。同六十三年豊竹呂勢太夫と改名。平成十二年八世豊竹嶋太夫の門下となる。同十二年咲くやこの花賞、同十五年大阪舞台芸術賞奨励賞、因協会奨励賞、文楽協会賞、国立劇場文楽賞(文楽奨励賞・文楽優秀賞)ほか、受賞多数。

  • 竹澤宗助(三味線)

    竹澤宗助(三味線)

    昭和三十五年東京都生まれ。昭和五十三年国立劇場文楽第五期研修生となる。同五十五年竹澤団六に入門、竹澤団治と名のる。同五十五年朝日座にて初舞台。平成七年竹澤宗助と改名。文楽協会賞、因協会奨励賞、国立劇場文楽賞文楽奨励賞、同二十年国立劇場文楽賞文楽優秀賞受賞。

  • 葛西聖司(対談)

    葛西聖司(対談)

    東京都生まれ。中央大学法学部卒業。NHKアナウンサーとして、さまざまな番組を担当。現在はその経験を生かし、歌舞伎など古典芸能の解説や講演、また日本伝統文化の講義などで大学の教壇にも立ち、執筆活動も続けている。日本演劇協会会員(評論)。早稲田大学公開講座、NHK文化センター、朝日カルチャーセンター講師。

  • 渡辺保(対談)

    渡辺保(対談)

    昭和十一年東京都生まれ。演劇評論家。慶応義塾大学経済学部卒業後、東宝入社。同四十年『歌舞伎に女優を』で評論デビュー。企画室長を経て退社。多数大学にて教鞭をとる。平成十二年十一月紫綬褒章、同二十一年十一月旭日小綬章、同二十八年度日本芸術院賞・恩賜賞受章。『女形の運命』で芸術選奨新人賞、『俳優の運命』で河竹賞、『忠臣蔵 もう一つの歴史感覚』で平林たい子賞と河竹賞、『四代目市川団十郎』で芸術選奨文部大臣賞、『娘道成寺』で読売文学賞ほか受賞多数。その他、著書多数。紀尾井ホール邦楽専門委員。