歌うクリスマス1
紀尾井クリスマスコンサート2018 マリア、現る!
1日目

2018年12月21日(金) 開演:19時

  • 主催公演
  • クラシック
  • 紀尾井ホール

主催:新日鉄住金文化財団

特別協賛:新日鉄住金ソリューションズ株式会社

クリスマスにマリアをテーマとした古今の歌を楽しむ
紀尾井ホール クリスマスコンサートは3年に渡って、「歌うクリスマス」と題して、クリスマスにちなんだ歌の世界をお届けいたします。今年はキリストの産みの親[聖母マリア]をテーマに、タイトルや歌詞に登場する古今東西の声楽作品をご紹介します。壮大なオペラ・アリアからポピュラーソングにいたるまで、あの歌にも!この歌にも!と、様々な場面にマリアが登場します。また、日本を代表するオペラ歌手たちの豪華競演や司会者の特技?も注目な楽しいコンサートです。
出演者
林 美智子(メゾソプラノ)、黒田 博(バリトン)、朴 葵姫(ギター)、山田武彦(ピアノ、編曲)、松井咲子(司会)、竹中勇人(ヴァイオリン)、エマニュエル・ヌヴー(クラリネット)、クリストファー・ハーディ(パーカッション)
曲目
  • 「アヴェ・マリア」メドレー
  • プッチーニ:歌劇「トスカ」より”歌に生き愛に生き”
  • 「レットイットビー」(ビートルズ)
  • 「ウェスト・サイド・ストーリー」より
  • 「マルセリーノの歌」(映画「穢れなき悪戯」)
  • 「星に願いを」
  • 「五番街のマリーへ」(高橋真梨子)
  • 「聖母たちのララバイ」(岩崎宏美)
  • 「サウンド・オブ・ミュージック」メドレー
  • ほか
チケット料金(税込)
S席 6,500円 A席 4,000円 学生A席 2,000円 ペアS席 12,000円 紀尾井友の会 ペアS席 11,000円
チケットお取扱い
紀尾井ホールチケットセンター 03-3237-0061
(10時~18時/日・祝休)
紀尾井ホールウェブチケット
プレイガイド

チケットぴあ(Pコード:125-207)

イープラス

ローソンチケット(Lコード:32357)

お問合せ
紀尾井ホールチケットセンター tel:03-3237-0061(10時~18時/日祝休)
出演者プロフィール
  • 林美智子(メゾソプラノ)

    東京音楽大学卒業。桐朋学園大学研究科、二期会オペラスタジオ、新国立劇場オペラ研修所第1期修了。文化庁派遣芸術家在外研修員としてミュンヘンに留学。2003年国際ミトロプーロス声楽コンクール最高位入賞。第5回ホテルオークラ音楽賞受賞。二期会、新国立劇場を中心に数多くのオペラに出演、チョン・ミョンフン、パーヴォ・ヤルヴィなど国内外の指揮者と主要オーケストラにも共演を重ねる。人気、実力ともに日本を代表するメゾソプラノ。

    林美智子(メゾソプラノ)

    林美智子(メゾソプラノ)

    (C)Toru Hiraiwa

  • 黒田 博(バリトン)

    京都市立芸術大学卒業。東京藝術大学大学院修了後、イタリアで研鑽を積む。時代を問わぬ幅広いレパートリーを持ち、これまでに二期会「ドン・ジョヴァンニ」「エフゲニ・オネーギン」タイトルロールや新国立劇場「鹿鳴館」(世界初演)影山悠敏伯爵等で絶賛される。近年では、びわ湖ホール/神奈川県民ホール「オテロ」イアーゴ、二期会「フィガロの結婚」フィガロ、藤沢市民オペラ「トスカ」スカルピア等を演じており、的確な音楽作りと高い演技力で舞台に欠かせぬ存在となっている。平成15年度京都市芸術新人賞受賞。国立音楽大学教授。二期会会員。

    黒田 博(バリトン)

    黒田 博(バリトン)

  • 朴 葵姫(ギター)

    3歳で横浜にてギターをはじめ、荘村清志、福田進一、A.ピエッリ各氏に師事。東京音楽大学を経て、ウィーン国立音楽大学首席卒業。主要国際ギターコンクールで優勝・受賞。オーケストラとの共演も多く、会場中を惹きつける音楽性と、とりわけ美しいトレモロ奏法の技術の高さは各地で絶賛されている。

    朴 葵姫(ギター)

    朴 葵姫(ギター)

  • 山田武彦(ピアノ、編曲)

    東京藝術大学作曲科卒業、同大学院作曲専攻修了。その後パリ国立高等音楽院ピアノ伴奏科に留学、審査員の満場一致により首席で一等賞(プルミエ・プリ)を得て卒業。帰国後はピアニストとして数多くの演奏者と共演、的確でおおらかなアンサンブル、色彩豊かな音色などが好評を博し、コンサート、録音、放送等の際のソリストのパートナーとして厚い信頼を得る。2004年より“イマジン七夕コンサート”音楽監督、2007年より“下丸子クラシックカフェ”マスター役を担当するなど、ユニークなコンサートの企画にも参加している。これまで洗足学園音楽大学において作曲及びピアノコース統括責任者を歴任、現在同大学教授。全日本ピアノ指導者協会正会員、日本ソルフェージュ研究協議会理事。

    山田武彦(ピアノ、編曲)

    山田武彦(ピアノ、編曲)

    (C)井村重人

  • 松井咲子(司会)

    1990年、埼玉県生まれ。2015年までAKB48として活動。卒業後はテレビ、ラジオ、WEB、イベント等で幅広く活躍中。「芸能界特技王決定戦 TEPPEN」(フジテレビ)ピアノ部門では音大卒の実力を発揮した輝かしい成績を残している。現在「読響シンフォニックライブ」(日本テレビ)、「魅力まるごと いまドキッ!埼玉」(テレビ埼玉)にMCとして出演中。また、ラジオ「松井咲子の気になる子さん」(NACK5)などレギュラー放送中。

    [訂正]公演チラシには1999年生まれと記載しておりますが、正しくは1990年です。

    松井咲子(司会)

    松井咲子(司会)

    • 竹中勇人(ヴァイオリン)

      竹中勇人(ヴァイオリン)

      給費入学特待生として東京音楽大学付属高校に入学。同大学卒業。在学中に室内楽ヨーロッパツアーに参加し、西村朗氏の世界初演作品などを演奏する。また、在学中に新日本フィルハーモニー交響楽団に入団し、現在に至る。ヴァイオリンを二村英之、中道三代子の各氏に師事。L.カプラン氏のクラスを受講。東京音楽大学非常勤講師。
      (C)新日本フィル

    • エマニュエル・ヌヴー(クラリネット)

      エマニュエル・ヌヴー(クラリネット)

      フランス、ルーアン市生まれ。パリ国立高等音楽院、フランス立ルーアン音楽院、リュエイユ・マルメゾン音楽院を卒業。日本クラリネットコンクール第1位などの受賞歴がある。2002年より東京交響楽団首席クラリネット奏者。同団とはウェーバのクラリネット協奏曲第1番、藤倉大の「Mina」、モーツアルトのクラリネット協奏曲、クロンマー作曲クラリネット、フルート、ヴァイオリンの為の協奏曲などを共演。国立音楽大学、洗足学園音楽大学、尚美ミュージックカレッジ専門学校講師。ビュッフェ・クランポン・ジャパン契約講師。ドルチェ楽器東京アカデミー講師。クラリネットカルテット22メンバー。

    • クリストファー・ハーディ(パーカッション)

      クリストファー・ハーディ(パーカッション)

      アメリカ出身。西洋打楽器の基礎を持ちつつ、中近東、北アフリカ、西アフリカやラテンの代表的打楽器であるハンドドラムのスペシャリストとして高い評価を得ている。これまで STING、吉井和哉、AI、UA、渡辺香津美、本田美奈子などと共演し、ジャンルを超えた幅広く活動している。ビクターよりリリースされたソロCD・DVD「タッチ」が月刊ステレオ誌発表により最優秀録音賞第1位となり同時にアメリカ発売。洗足学園大学客員教授。シルク・ドゥ・ソレイユ「ZED」のミュージシャンとしてステージに参加。創作的なサウンドを展開している。

関連公演