紀尾井 午後の音楽会
ー明治150年 音楽の花開く Ⅱー

2018年7月10日(火) 開演:13時30分

  • 主催公演
  • 邦楽
  • 紀尾井小ホール

主催:新日鉄住金文化財団

協力:森永製菓株式会社

洋楽の影響を受けた邦楽の150年を中心に、紀尾井ホールならではの「音楽って楽しい!」をお届けします。
2018年シリーズ第2回は、地歌とギターの共演です。
美しく透明感のある菊央雄司さんの地歌に、優しく明瞭な大萩康司さんのギターの音色が溶け合うかつてないコラボレーション。まさに、紀尾井でしか聴くことのできないひとときです。

菊央雄司さんは、地歌発祥の上方を中心に活躍され、確かな技量・表現力が高く評価されている地歌箏曲の演奏家。近年、上方舞の地方(舞の演奏を担当する)としての活動も注目されています。
大萩康司さんは、高校卒業後パリで学び、世界最高峰のハバナ国際ギター・コンクールで第2位を獲得し、世界にその名が知られるギタリストです。NHK「トップランナー」やTBS「情熱大陸」などメディアへの露出も多く、また他ジャンルとのコラボレーションなどその活動は多岐にわたっています。
出演者
菊央雄司(地歌),大萩康司(Gt)
曲目
  • 地歌「菊の朝」
  • タレガ:アルハンブラの想い出
  • ほか
チケット料金(税込)
全席指定 2,500円
4公演セット券 9,000円(2018シリーズⅠ,Ⅱ,Ⅲ,Ⅳのセット)
 

※掲載の料金のほか、発券時に所定の手数料がかかります。手数料はお支払方法により異なります。

※学生席は、紀尾井ホールチケットセンター(電話)のみで取扱います。

※出演者・曲目・演奏順は予告なく変更となる場合があります。予めご了承ください。

※小学生のご鑑賞には保護者(成人)のご同伴をお願いします。

※乳幼児等未就学の方のご同伴・ご入場はご遠慮ください。

※演奏中のご入場はご遠慮いただいております。

チケット発売日
4公演セット券 2018年1月18日(木) *セット券のご予約はこちら
単券 2018年3月8日(木)
友の会優先チケット発売日
4公演セット券 2018年1月16日(火)*セット券のご予約はこちら
単券 2018年3月6日(火)
チケットお取扱い
紀尾井ホールチケットセンター 03-3237-0061
(10時~18時/日・祝休)
紀尾井ホールウェブチケット
お問合せ

紀尾井ホールチケットセンター 03-3237-0061
(10時〜18時/日・祝休)

出演者プロフィール
  • 菊央雄司(地歌)

    1977年大阪府生まれ。1989年菊原光治に入門。1997年『菊央』の称号を授かる。2000年第6回全国邦楽コンクール最優秀賞・文化庁奨励賞受賞。2001年NHK邦楽オーディション合格。2004年大阪舞台芸術新人賞受賞。2005年大阪市 「咲くやこの花賞」受賞。2017年度日本伝統文化振興財団賞受賞。地歌舞地方として舞台やTVに出演する等、地歌三味線の伝統を承継しながらも現代邦楽やオペラ、和太鼓等とも共演をする新しいスタイルでの演奏にも目を向け、韓国、ヨーロッパ各国等でも公演。公益社団法人当道音楽会会員、琴友会所属、「菊央雄司地歌の会」主宰、NHK文化センター西宮ガーデンズ教室講師、平家語り研究会会員、文楽研修生講師。

    菊央雄司(地歌)

    菊央雄司(地歌)

  • 大萩康司(ギター)

    宮崎県生まれ。高校卒業と同時に渡仏し、フランスのエコール・ノルマル音楽院、パリ・コンセルヴァトアール音楽院、イタリアのキジアーナ音楽院で学ぶ。ハバナ国際ギター・コンクールにて第2位及び審査員特別賞を受賞。日本国内での活動に加え、欧米やアジアな世界各地に活躍の幅を広げ、各地で熱狂的な支持を得ている。新譜は、15枚目となる「天の三羽の鳥~ギターで聴く珠玉のフランス音楽~(ビクターエンタテインメント)」。第6回ホテルオークラ賞、第18回出光音楽賞受賞。洗足学園音楽大学客員教授。

    大萩康司(ギター)

    大萩康司(ギター)

    (C)ビクターエンタテインメント

関連公演