紀尾井 午後の音楽会
花鳥風月 特別版

2016年4月4日(月) 開演:13時30分

  • 主催公演
  • 邦楽
  • 紀尾井小ホール

主催:日本製鉄文化財団

予定枚数終了

花鳥風月をテーマに、邦楽と洋楽が楽しめる午後の1時間公演です。
「午後の邦楽」シリーズが邦楽と洋楽が一度に楽しめる公演に一新!紀尾井ホールならではの企画です。
それぞれの春と花鳥風月から鳥に因んだ曲で、2016年度の幕開けです。


「千鳥の曲」演奏時の動画を配信しました。(2016.5.17)


「千鳥の曲」出演:米川敏子(箏)、篠崎史紀(Vn)

「みちのく紀行」演奏時の動画を配信しました。(2016.6.8)


「みちのく紀行」米川敏子/野村峰山/今藤長龍郎作曲/堅田新十郎作調
出演者
米川敏子(歌・箏)、篠崎史紀(Vn)、入江一雄(Pf)、米川敏子、吉田敏乃(箏)、岡崎敏優(十七弦)、野村峰山、友常毘山、菊地河山、松岡邦篤(尺八)、今藤長龍郎、東音楡井李花、東音林万里子、東音山内美穂(三味線)、堅田新十郎、堅田昌宏、住田福十郎/福原百貴(囃子)
曲目
  • 箏曲「千鳥の曲」
    箏      米川敏子
    ヴァイオリン 篠崎史紀
  • ベートーヴェン ヴァイオリンソナタ第5番ヘ長調Op.24「春」第一楽章
    ヴァイオリン 篠崎史紀
    ピアノ     入江一雄
  • 「みちのく紀行」
    箏   米川敏子、吉田敏乃
    十七弦 岡崎敏優
    尺八  野村峰山、友常毘山、菊地河山、松岡邦篤
    三味線 今藤長龍郎、東音楡井李花、東音林万里子、東音山内美穂
    囃子  堅田新十郎、堅田昌宏、住田福十郎/福原百貴
チケット料金(税込)

全席指定 2,000円【予定枚数終了】

 

※演奏中のご入場はご遠慮いただいております。

※出演者等が変更となる場合がありますので、あらかじめご了承ください。

※未就学児のご入場はご遠慮ください。

チケットお取扱い
紀尾井ホールチケットセンター 03-3237-0061
(10時~18時/日・祝休)
お問合せ

紀尾井ホールチケットセンター 03-3237-0061
(10時〜18時/日・祝休)

出演者プロフィール
  • 米川敏子

    東京都生まれ。三歳より、母初代米川敏子(文化功労者・人間国宝)に地歌・箏曲の手ほどきを受ける。平成元年より、国際交流基金の自主派遣により欧州十二ヵ国にて演奏ほか、海外公演多数。同五年度芸術選奨文部大臣新人賞、同七年度文化庁芸術祭優秀賞、同十年日本伝統文化振興財団賞、同十六年度エクソンモービル音楽賞、同十七年度芸術選奨文部科学大臣賞受賞。同十九年米川裕枝改め二代目米川敏子を襲名。同二十三年紫綬褒章受章。

    米川敏子

    米川敏子

  • 篠崎史紀

    昭和三十八年生まれ。愛称“まろ”。三歳より両親の手ほどきを受ける。十五歳の時に毎日学生音楽コンクール全国第一位。北九州市民文化賞を史上最年少で受賞。高校卒業と同時にウィーン留学。ウィーン市立音楽院に入学。翌年コンツェルト・ハウスでコンサート・デビューを飾り、その後ヨーロッパの主要なコンクールで数々の受賞を果たす。同六十三年帰国後、群馬交響楽団、読売日本交響楽団のコンサートマスターを経て、平成九年 NHK交響楽団のコンサートマスターに就任。以来、“N響の顔”として、ソリスト、室内楽奏者、指導者として、国内外で活躍中。同十三年福岡県文化賞受賞、北九州文化大使、桐朋学園非常勤講師、昭和音大客員教授。WHO国際医学アカデミー・ライフハーモニーサイエンス評議会議員。

    篠崎史紀

    篠崎史紀

  • 入江一雄

    埼玉県出身。東京藝術大学音楽学部附属音楽高等学校を経て同大学・同大学院を首席で卒業・修了。在学時にアリアドネ・ムジカ賞、アカンサス音楽賞、同声会賞、大賀典雄賞、クロイツァー賞など各賞受賞。第77回日本音楽コンクールピアノ部門第1位。第1回Coimbra World Piano Meeting第5位。現在チャイコフスキー記念国立モスクワ音楽院に在籍し、エリソ・ヴィルサラーゼに師事。2012・2013年度公益財団法人ロームミュージックファンデーション、2015年度文化庁(新進芸術家海外研修制度)より助成を受ける。

    入江一雄

    入江一雄

  • 野村峰山

    昭和三十二年三重県生まれ。父の手ほどきで尺八を学び、のちに山本邦山(人間国宝)に師事。同五十年、高校在学中に第一回都山流尺八本曲コンクール全国大会にて金賞受賞。NHK邦楽技能者育成会卒業。平成六年度文化庁芸術祭賞、愛知県芸術文化選奨文化賞、文部大臣奨励賞、名古屋市民芸術祭審査員特別賞など受賞。現在、愛知県立芸術大学非常勤講師、都山流尺八副道場長・検定委員、現代邦楽作曲家連盟会員、「新しい風」メンバー。山本邦山尺八合奏団員、峰山会主宰。

    野村峰山

    野村峰山

  • 今藤長龍郎

    昭和四十四年東京生まれ。同五十四年、今藤綾子師に入門。同六十年、今藤長龍郎の名を許される。平成三年、東京藝術大学邦楽科を卒業。同十六年アテネオリンピックシンクロナイズドスイミング「ジャパニーズドール」三味線パート演奏。同十七年、ビクター伝統文化振興財団賞奨励賞受賞。同二十一年、日本舞踊協会新作公演「戀するフリ」作曲。代表作に「赤穂の風」「女を論ず」「弧」等がある。現在、国立劇場、歌舞伎座、紀尾井ホール公演、NHK等に出演。長唄五韻会同人、現邦連会員、創邦21同人。国立音楽大学非常勤 講師。

    今藤長龍郎

    今藤長龍郎

  • 堅田新十郎

    昭和四十二年東京都生まれ。平成二年明治大学卒業、父・三代目堅田喜三久(人間国宝)のもと、堅田宏として演奏活動を開始。同十年四代目堅田新十郎を襲名。現在、囃子方として歌舞伎舞台、NHK「いろはに邦楽」等のTV・ラジオ出演、CD発表のほか、海外でも演奏活動を行う。長唄協会会員、桐朋学園芸術短期大学講師、横浜朝日カルチャーセンター講師。

    堅田新十郎

    堅田新十郎